児童文学「赤ちゃん絵本」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数234
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    言葉

    代表キーワード

    児童文学赤ちゃん絵本

    資料紹介

    おつきさまこんばんは 林明子(著)

    暗い夜空に、三角屋根のおうちと2匹のネコの黒いシルエットが浮かんでいる。やがて屋根の上がぼうっと明るくなり、おつきさまがぽっかりと顔を出す。「おつきさま こんばんは」。おはなししようとやってきた雲に、ちょっとのあいだ隠されてしまうけれど、雲はすぐに去り、おつきさまは、にっこり笑う。
    おつきさまの表情がとても豊かで、裏表紙の、「あかんべー」をしたおちゃめな表情がとても印象的である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    おつきさまこんばんは 林明子(著)
    暗い夜空に、三角屋根のおうちと2匹のネコの黒いシルエットが浮
    かんでいる。やがて屋根の上がぼうっと明るくなり、おつきさまがぽっか
    りと顔を出す。「おつきさま こんばんは」。おはなししようとやってきた雲
    に、ちょっとのあいだ隠されてしまうけれど、雲はすぐに去り、おつきさま
    は、にっこり笑う。
    おつきさまの表情がとても豊かで、裏表紙の、「あかんべー」をしたお
    ちゃめな表情がとても印象的である。
    この絵本は、少ない言葉の中に、日常の挨拶や嬉しいこと、
    悲しいこと、とてもシンプルだが表現が多く出てきて素直に
    心に入ってきやすい。また、「おつきさま こんばんは」 「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。