児童文学「人権絵本」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数430
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    学校いじめ子供文章

    代表キーワード

    児童文学人権絵本

    資料紹介

    「わたしのいもうと」 松谷みよ子(作) 味戸ケイコ(え)

    ある町にひっこしてきたいもうとは、転校先の学校でいじめにあう。ことばがおかしいとわらわれ、跳び箱ができないとののしられ、いもうとが運んだきゅうしょくはだれもうけとってくれない。妹は体中につねられた跡があった。そして、学校に行けなくなった。妹をいじめた友達は、中学生、高校生と大きくなり楽しそうに学校へ。いじめられた妹は、笑うことも無く部屋で鶴を折る。お母さんは、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「わたしのいもうと」 松谷みよ子(作) 味戸ケイコ(え)
    ある町にひっこしてきたいもうとは、転校先の学校でいじ
    めにあう。ことばがおかしいとわらわれ、跳び箱ができない
    とののしられ、いもうとが運んだきゅうしょくはだれもうけ
    とってくれない。妹は体中につねられた跡があった。そして、学校に行け
    なくなった。妹をいじめた友達は、中学生、高校生と大きくなり楽しそうに
    学校へ。いじめられた妹は、笑うことも無く部屋で鶴を折る。お母さんは一
    生懸命に妹を救おうとするが、妹は、楽しいことも体験できずにひっそりと短
    い命を終える。
    私自身、この本で絵本というものの表現力の偉大さを改め
    て感じることが出来た。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。