児童文学「絵本のもつ意味」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数548
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童文学「絵本のもつ意味」

    絵本を子どものものとしての面から捉えることが多いが、勿論、絵本は子どもだけのものではない。しかし、子ども、特に乳幼児期において絵本は欠くことのできないもので、主たる対象は子どもであることが多い。
     絵本は子どもが最初に出会う本であり、生涯本好きになるかどうかも左右する。子どもの興味と関心、生活経験を的確におさえ、それらにふさわしく形象化された絵本は、心を捉えて話さないものである。また、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童文学「絵本のもつ意味」
    絵本を子どものものとしての面から捉えることが多いが、勿論、絵
    本は子どもだけのものではない。しかし、子ども、特に乳幼児期にお
    いて絵本は欠くことのできないもので、主たる対象は子どもであるこ
    とが多い。
     絵本は子どもが最初に出会う本であり、生涯本好きになるかどうか
    も左右する。
     子どもの興味と関心、生活経験を的確におさえ、それらにふさわし
    く形象化された絵本は、心を捉えて話さないものである。また、絵本
    の中の練り上げられた文章は、日本語の美しさと物語の楽しさを伝え、
    場面をたくみに表現した絵は、内容をいっそう膨らませてくれる。
    幼児期は、周囲の対象の言動や態度など..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。