「保育家庭の特性として考えられる『環境における保育』『遊びによる保育』について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数633
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども発達保育幼児遊び家庭自由自然

    代表キーワード

    環境保育

    資料紹介

    乳幼児は自我の発達が不十分であり、周りの環境に同化してしまい易く、環境からの影響を受け易い。その意味で、乳幼児期にどのような環境のもとで生きるかが重要な意味を持つ。
     子どもと保育者との間に信頼関係が成立していなければ、子どもに学ぶ意欲は芽生えにくい。目に見える物的環境よりも、保育者や友達とのかかわり合いを含めた目に見えない雰囲気的な環境、自然環境、人的環境は、心に深く浸透する。このような保育環境状況は、幼児一人一人の行動の理解と予想に基づき、子ども自身が進んで主体的に環境にかかわることができるよう計画的に構成しなければならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「保育家庭の特性として考えられる『環境における保育』『遊びによる保育』について」
     
    乳幼児は自我の発達が不十分であり、周りの環境に同化してしまい易く、環境からの影響を受け易い。その意味で、乳幼児期にどのような環境のもとで生きるかが重要な意味を持つ。
     子どもと保育者との間に信頼関係が成立していなければ、子どもに学ぶ意欲は芽生えにくい。目に見える物的環境よりも、保育者や友達とのかかわり合いを含めた目に見えない雰囲気的な環境、自然環境、人的環境は、心に深く浸透する。このような保育環境状況は、幼児一人一人の行動の理解と予想に基づき、子ども自身が進んで主体的に環境にかかわることができるよう計画的に構..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。