「コメニウス、ルソー、ペスタロッチ、ヘルバルトの業績と、教育のシステム化や人間中心カリキュラムについて」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,561
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    コメニウス、ルソー、ペスタロッチ、ヘルバルトは、近代教育を語る上で外すことのできない重要な人物である。
     コメニウスは、教育は万人に対して必要なものであり、全ての子どもが差別なく平等に学校へ通う必要があると説いた。全ての子どもに効率よく教える為には、一歩一歩段階的に教えるのが良い。そしてその為には、統一的体系的なカリキュラムが求められると考えた。日本をはじめ多くの国でみられる同一年齢・同時入学・同一学年・同一内容・同時卒業といったしくみは、コメニウスの構想に発するものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「コメニウス、ルソー、ペスタロッチ、ヘルバルトの業績と、教育のシステム化や人間中心カリキュラムについて」
    コメニウス、ルソー、ペスタロッチ、ヘルバルトは、近代教育を語る上で外すことのできない重要な人物である。
     コメニウスは、教育は万人に対して必要なものであり、全ての子どもが差別なく平等に学校へ通う必要があると説いた。全ての子どもに効率よく教える為には、一歩一歩段階的に教えるのが良い。そしてその為には、統一的体系的なカリキュラムが求められると考えた。日本をはじめ多くの国でみられる同一年齢・同時入学・同一学年・同一内容・同時卒業といったしくみは、コメニウスの構想に発するものである。
    ルソーは子どもの天性を信じた。教師は子どもの自然な発達を妨げるようなことは慎むべきで、学習すべき事柄より、学習可能な事柄に配慮すべきだと考え、特に早期の書物による学習を否定した。だから教師の役目は生徒にものを教えこむことではなく、知りたいという欲望を起こさせることであり、子どもが自ら真理を発見し、自ら誤謬を改める方法を示すことであると考えた。これは、現在の幼稚園の指導内容の原点思想となっている。
    ペスタロッチ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。