人権(同和)教育試験6設題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,151
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    人権(同和)教育試験6設題
    1、人権教育の定義を100字以内でまとめ、これを踏まえた人権教育のあり方について論じる
    2、50年に及ぶ戦後の同和教育のあゆみと意義について論じることなど、6設題の回答例を挙げています。
    ご参考までに。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                 人権(同和)教育
    人権教育の定義を100字以内でまとめ、これを踏まえた人権教育のあり方について論じる
    50年に及ぶ戦後の同和教育のあゆみと意義について論じること
    部落問題解決に向けた近代以降の部落解放運動について論じること
    同和問題の歴史と差別問題やその解決に向けた取り組みの現況・今日的課題について
    学校教育における人権教育のあり方について実践にふれながら論ぜよ
    人権教育と同和教育の関連について論ぜよ
    人権教育の定義を100字以内でまとめ、これを踏まえた人権教育のあり方について論じる。
    国連では、人権教育の定義を知識とスキルを分かち伝え、態度を育むことを通じて、人権の文化を世界中に築き上げる事を目的とする教育・訓練・情報提供の取り組みであると定義している。つまり、人権を守るということを宣言や条約のレベルに留まらせるのではなく、人々の日常の生活レベルで具体的に実現していくことを求めている。これを踏まえた人権教育のあり方について、国連は5つの指向を示している。
    人権と基本的自由の尊重を一層強化すること
    個性を全面に開花させ、人間の尊厳を大切にする心を十分に育てるこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。