美術概論試験7設題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数511
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    美術概論最終科目試験7設題です。
    ①「版に表す」活動の教育的意義について、低学年から高学年までの系統性を踏まえて述べる。その際、版の種類にもふれること。 

    ②戦後美術教育の変遷について、以下に示す3つの用語をつかって説明
     学習指導要領、民間美術教育運動、DBAE 

    ③図画工作科指導における評価の要点について、目標、指導との関係について触れたうえで述べなさい。

    ④「造形遊び」のあり方について、子どもの発達段階と活動の内容面からとらえ、その留意点について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                美術概論
    ①「版に表す」活動の教育的意義について、低学年から高学年までの系統性を踏まえて述べる。その際、版の種類にもふれること。 
    ②戦後美術教育の変遷について、以下に示す3つの用語をつかって説明
     学習指導要領、民間美術教育運動、DBAE 
    ③図画工作科指導における評価の要点について、目標、指導との関係について触れたうえで述べなさい。
    ④「造形遊び」のあり方について、子どもの発達段階と活動の内容面からとらえ、その留意点について述べなさい。
    ⑤子どもの発達段階を踏まえた「楽しい授業」のあり方について、具体的な指導方法をあげ、その展開例を述べなさい。
    ⑥子どもが成長すると共に美術から離れていく原因をさぐり、今日の美術教育の課題について、項目を立てて述べなさい。
    ⑦全図式期(4~7歳)、図式期(7~9歳)における子どもの表現に見られている特徴について述べなさい。その際、3つ以上の表現パターンをあげて具体的に記述すること。
    ①「版に表す」活動の教育的意義について、低学年から高学年までの系統性を踏まえて述べる。その際、版の種類にもふれること。 8
    図画工作科では色・形・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。