教育社会学 第一設問

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数586
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育社会学第一設題A判定レポートです。
    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかについて学力の視点から述べてください。」

    学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する。一方高学歴社会という言葉は学歴社会とよく混同されやすいが、これは単に「高学歴者の多い社会」を意味する言葉で、高校卒業後の高等学校教育機関への進学率が50%を越える社会であるとされている。日本はアメリカやカナダとならび、数少ない高学歴社会のひとつである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかについて学力の視点から述べてください。」
    学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する。一方高学歴社会という言葉は学歴社会とよく混同されやすいが、これは単に「高学歴者の多い社会」を意味する言葉で、高校卒業後の高等学校教育機関への進学率が50%を越える社会であるとされている。日本はアメリカやカナダとならび、数少ない高学歴社会のひとつである。学歴社会という言葉にについて、日本ではこれまであまりよいイメージで語られることはなかった。うわべの「勉強が出来るかどうか」というだけで、その人間を評価する理不尽かつ非人間的な社会として語られることが多い。学歴が無いだけで、人格的にも問題がある、常識が無いと非難されるということが起こることもある。また、就職などの場合も大卒以上などの条件を上げる企業も多く、高等学校などで、勉学に励み、優秀な学生だったにも関わらず条件に合わないという理由で希望の職種の就職試験の受験資格が無いというのも学歴社会の事柄だといえよう。逆に、世襲制度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。