イスラエル宗教史とアブラハム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数741
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    聖書神学

    代表キーワード

    宗教学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    イスラエル宗教史とアブラハム、モーセの信仰
    アブラハムとモーセにはいくつかの共通点がある。それは神の啓示に従って「約束の地」へと向かったことである。私はこの二つの物語から、彼らの神への信仰、そして、聖書とイスラエル宗教史の関係を探って行きたい。
    アブラハムの信仰
    創世記によると、アブラハムの父「テラは、息子アブラムと、ハランの息子で自分の孫であるロト、及び息子アブラムの妻で自分の嫁であるさらいを連れて、カルデアのウルを出発し、カナン地方に向かった。 」その旅の途中、ハランにおいてアブラハムは神からの啓示を受けて、妻のサラと甥のロトと蓄えていた財産すべてと、奴隷を携え、カナン地方に出発するのだ。
     この時、アブラハムは神に対してどのような信仰を持っていたのだろうか。当時のウルやハランはユーフラテス河に沿った古代の多神教世界であり、恒星や惑星、特に太陽や月を礼拝していた 。そのような環境で育ったアブラハムがなぜ、唯一の神を信じ、75歳という年で、父の家を離れることを決意することができたのか。
     これにはいくつかの仮説が立てられる。まず、多神教であったアブラハムがハランでの神からの啓示を受け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。