ユダヤ学6:ユダヤ教割礼とキリスト教の幼児洗礼

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数616
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    ユダヤ学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ユダヤ教の割礼とキリスト教の幼児洗礼
     ユダヤ教における割礼とはどのような意味合いがあるのか。私はキリスト教であるが、初期キリスト教会は異邦人伝道を行う際、異邦人の改宗者にも割礼が行われるべきか、ということで議論がわき起こった。それはキリスト教が元々ユダヤ教から派生したユダヤ教の一派であったため、当時のキリスト者はユダヤ教のアイデンティティを持っていたからである。今日のキリスト教会には幼児洗礼という制度がある。生まれたばかりの子どもに対して神の祝福を約束し、教会の一員であるということを保証するのである。私はこのキリスト教会の幼児洗礼制度と、ユダヤ教の割礼を比較し、ユダヤ教の割礼の今日的意義を考察していきたい。
    割礼と幼児洗礼の類似性
     ユダヤ教には男子は生まれてから8日目に割礼をする風習がある。割礼というのはペニスの先端の包皮の切除であり、ユダヤ人だけでなく、イスラム教徒や古代エジプトでも行われていた記述があり、宗教的というよりも、もともと衛生的な理由から始まったのではないかと言われている。しかし、ユダヤ教の割礼の起源とされているのは創世記17章1‐14節である。「・・・『だからあなた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。