○保育思想家のうち、①ルソー②フレーベル③モンテッソーリを取り上げ彼らの保育観や子ども観を中心にまとめなさい。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,740
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ○保育思想家のうち、①ルソー②フレーベル③モンテッソーリを取り上げ彼らの保育観や子ども観を中心にまとめなさい。

     1ルソー
     「自然にかえれ」というのは、ルソーの最も有名な言葉である。ルソーが言う自然は多義的であり、彼の思想の中心に位置する重要な言葉である。第一に「自然」は直接性・無謀介性を意味し、第二には、「野の小鳥、森の牡鹿」といった美しい自然もさす。ルソーが理想とする人間像は「自然人」である。この自然人は、社会の中にあって、情念と臆見によって社会に束縛されず、自らの理性を権威あるのもと認めるような人間である

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    以下の論文は個人で作成したもので完全回答または模範解答ではありませんので参考としてご覧ください。
    ○保育思想家のうち、①ルソー②フレーベル③モンテッソーリを取り上げ彼らの保育観や子ども観を中心にまとめなさい。
     1ルソー
     「自然にかえれ」というのは、ルソーの最も有名な言葉である。ルソーが言う自然は多義的であり、彼の思想の中心に位置する重要な言葉である。第一に「自然」は直接性・無謀介性を意味し、第二には、「野の小鳥、森の牡鹿」といった美しい自然もさす。ルソーが理想とする人間像は「自然人」である。この自然人は、社会の中にあって、情念と臆見によって社会に束縛されず、自らの理性を権威あるのもと認める..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。