保育に意義と目的

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5,536
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ○保育の意義と目的(目標も含めて)について説明しなさい。

    1 保育の意義
     乳幼児は教育を必要とする存在であると同時に、養護を必要とする存在でもある。豊かな発達の可能性をもち、時々刻々その可能性は力強く実現しつつあるとはいえ、乳幼児はなお未熟であり

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    以下の論文は個人で作成したもので完全回答または模範解答ではありませんので参考としてご覧ください。
    ○保育の意義と目的(目標も含めて)について説明しなさい。
    1 保育の意義
     乳幼児は教育を必要とする存在であると同時に、養護を必要とする存在でもある。豊かな発達の可能性をもち、時々刻々その可能性は力強く実現しつつあるとはいえ、乳幼児はなお未熟であり、生活習慣の自立が不十分であって、当分の間は大人の世話をなくしては生存し得ない弱者である。
     したがって乳幼児に対しては、心身両面の健康な生活を保障するということが極めて重要である。具体的には①良い環境、②十分な栄養、③適切な運動、④十分な休養と睡眠、⑤..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。