子どものしつけに求められる視点

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,796
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    子どものしつけに求められる視点を説明しなさい。
     しつけは子どもの将来に最も影響し、社会規範に適した行動ができるようになることが目的である。保育をする親に義務責任がありこれは親子関係において避けることのできないものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・子どものしつけに求められる視点を説明しなさい。
     しつけは子どもの将来に最も影響し、社会規範に適した行動ができるようになることが目的である。保育をする親に義務責任がありこれは親子関係において避けることのできないものである。日常生活を共にする親は子どもが幼児期の頃からしつけを行い基本的生活習慣を身につける必要がある。家庭は子どものしつけを行う最適な場所であり子どもにとっては家庭が社会そのものかと考える。しつけは自我の芽生え、自立への道にもつながり、人生の初期にそうしたことを内面化することを要する。しかししつけは子どもの成長と共に行わなければならない。例えば食事において1歳の子どもに「スプーンや..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。