ソクラテス以前の哲学者の学説の世界観、倫理観

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数530
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソクラテス以前の哲学者の学説を取り上げそこに見られる世界観や倫理観の特徴を述べなさい。

    タレス(元前六二四年~紀元前五四六年頃)は、西洋哲学において古代ギリシャに現れた記録に残る最古の自然哲学者であり、イオニアに発したミレスト学派の始祖である

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソクラテス以前の哲学者の学説を取り上げそこに見られる世界観や倫理観の特徴を述べなさい。
    タレス(元前六二四年~紀元前五四六年頃)は、西洋哲学において古代ギリシャに現れた記録に残る最古の自然哲学者であり、イオニアに発したミレスト学派の始祖である。
     イオニアは東洋が西洋に出会う場所であった。最初の哲学者たちであるミレスト学派のタレス、アナワシマンドロス、アナワシメネスは、東方の影響を受け、ホメロスの伝統を受け継いでいただけでなく、エジプトやバビロニアの数学や、イオニア経由の交易路を通じて流入した様々な思想や情報などにも精通していた。
     タレスはソクテラス以前の哲学者の1人で、ギリシャ七賢人の1人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。