R0112 M6105 日本文学史 科目最終試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数875
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本文学史 科目最終試験過去問6題とその回答例です。誤字・脱字があるかもしれません。また、教科書等を確認願います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    松尾芭蕉・井原西鶴・近松門左衛門・滝沢馬琴のおよその活躍時期、代表作、属するジャンルと内容上の特色
    松尾芭蕉    江戸前期、貞享~元禄 「奥の細道」「春の日」等
            俳諧 「わび」「さび」「しをり」「ほそみ」等、閑寂で高雅な俳風
    (蕉風と呼ばれる)
    井原西鶴    江戸時代前期、元禄を中心とした前後
            「好色一代男」「世間胸算用」
           浮世草子(仮名草子の後、享楽生活や好色生活を扱った写実的な風俗小説
    (好色物・・・男女の恋愛・好色生活を描く、町人物・・・お金にまつわ
    る町人の生活ぶりを描く、武家物・・・武士道を描く。
    雑話物・・・諸国の珍談奇談を集める。)
    近松門左衛門  江戸前期、元禄~享保  
    世話物「曽根崎心中」/時代物「国性爺合戦」
    浄瑠璃(人形を使った戯作)
              時代物・・歴史上の事件/伝説に取材した作品。武士道の精神を描く
    世話物・・・当時の町人世界で実際に起こった事件を脚色した作品。
                  義理と人情の葛藤から起こる苦悩と悲劇
    滝沢馬琴(曲亭馬琴)  江戸後期、文化・文政年間
            「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。