生徒が主体となって学習する音楽科の授業にするための工夫 音楽科指導法2 最終課題

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数250
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    音楽科指導法Ⅱ 最終課題
    生徒が主体となって学習する音楽科の授業にするための工夫について、具体的な提案を織り交ぜながら考えを述べてください。
    生徒が主体となって学習する音楽科の授業を実現するには、子どもたちが学習意欲を高め、興味を持ってかかわれるような教材の選択や教材提示の仕方を工夫するとともに、その教材のかかわりの過程で音楽の本質に触れ、感受を深め、音楽表現への思いや願いを膨らませるような学習指導を行えることが、生徒が主体となって学習する音楽科の授業を実現することにつながるのではないかと思う。
    そのような適切な指導を実施するためには、音楽科に限ったことではないが、年間指導計画に基づき、各題材..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。