軽度発達障害の指導法 多動性障害、学習障害について定義分類原因特徴をのべよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数875
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    多動性障害、学習障害は特別支援教育において新たに対象の障害として加えられ、普通校に通う多動性障害、学習障害の子どもに対し、養護学校の特別支援コーディネーターが支援を行うようになったりと、近年注目を集めるようになってきている。しかし、障害として認識されるようになってまだ日が浅いということであり、子どもたちへの教育的支援はまだまだ十分とはいえない。
    多動性障害(Hyperkinetic Disorder:HKD)は世界保健機構による国際疾病分類第10版(ICD-10)による診断名であり、アメリカ精神医学会では ADHD(attentiondeficit hyperactivity disorder=注意力欠損多動障害の意)と名づけており・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『多動性障害、学習障害について、定義、分類、原因、特徴を述べよ』
    多動性障害、学習障害は特別支援教育において新たに対象の障害として加えられ、普通校に通う多動性障害、学習障害の子どもに対し、養護学校の特別支援コーディネーターが支援を行うようになったりと、近年注目を集めるようになってきている。しかし、障害として認識されるようになってまだ日が浅いということであり、子どもたちへの教育的支援はまだまだ十分とはいえない。
    多動性障害(Hyperkinetic Disorder:HKD)は世界保健機構による国際疾病分類第10版(ICD-10)による診断名であり、アメリカ精神医学会では ADHD(attentiondeficit hyperactivity disorder=注意力欠損多動障害の意)と名づけており、両者は基本的には同じ障害を指している。
    多動性障害は、乳幼児期から症状が見られ、著しい不注意があり、与えられた課題を持続して行うことができないというような自分で調節できない多動と、このような行動特徴が学校や家庭など様々な状況でいつまでも持続していることを指す。
     文部省の特別支援教育の在り方..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。