教育実習研究 特別支援学校の教育内容は、児童生徒の障害や発達に応じて編成されている。重度・重複障害における教育課程編成上の留意事項について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数803
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    特別支援学校の教育内容は、児童生徒の障害や発達に応じて編成されている。重度・重複障害における教育課程編成上の留意事項について述べよ。



    重度・重複障害児に関して、『重度・重複障害児に対する学校教育の在り方について』(昭和50年3月)の中で、以下のように定義されている。

    「学校教育法施行規則第22条の2に規定する障害-盲・聾・精神薄弱・肢体不自由・病弱-を2つ以上合わせ有する者。」 加えて、発達側面からみて、「精神発達の遅れが著しく、ほとんど言語を持たず、自他の意志の交換及び環境への適応が著しく困難であって、日常生活において常時介護を必要とする程度」の者。さらに行動的側面からみて、「破壊的行動、多動傾向、異常な習慣、自傷行為、自閉性、その他の問題行動が著しく、常時介護を必要とする程度の者」としている。

    最重度といわれる子どもに対する指導内容を考えたとき、発達年齢が1歳前後の子供を想定すれば、「興味関心に基づいた教育」を考える以前に・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別支援学校の教育内容は、児童生徒の障害や発達に応じて編成されている。重度・重複障害における教育課程編成上の留意事項について述べよ。
    重度・重複障害児に関して、『重度・重複障害児に対する学校教育の在り方について』(昭和50年3月)の中で、以下のように定義されている。
    「学校教育法施行規則第22条の2に規定する障害-盲・聾・精神薄弱・肢体不自由・病弱-を2つ以上合わせ有する者。」 加えて、発達側面からみて、「精神発達の遅れが著しく、ほとんど言語を持たず、自他の意志の交換及び環境への適応が著しく困難であって、日常生活において常時介護を必要とする程度」の者。さらに行動的側面からみて、「破壊的行動、多..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。