知的障害児の心理2

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数578
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『知的障害、自閉性障害について、定義、分類、特徴を述べよ。』知的障害の定義についてアメリカ精神遅滞学会(AAMR)は「精神遅滞とは、知的な能力に顕著な制限があり、かつ、概念的スキル・社会的スキル・実際の適応スキルに顕著な制限がある障害であり、18歳までに発現するもの」と定義している。文部科学省は「就学指導の手引き」の中で「発達期に起こり,知的機能の発達に明らかな遅れがあり,適応行動の困難性を伴う状態」と定義している。どちらも「知的能力が低い」「適応能力に問題がある」「発症が18歳以下」という点を言っている事が共通する。このことから、知的に障害があることだけでなく、コミュニケーションや日常の行動、社会的活動などに何らかの援助や介助が必要としていることを意味し、18歳以下というのは認知症など加齢による知的機能の低下による知的機能の障害とは区別されることを意味している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知的障害の原因とその行動特徴について述べよ
    で述べています。
    現在の説題にあわせて参考にしてください。
    十分つかえると思います。
     知的障害は知的発達の遅滞と適応行動の障害とがあり、それが人生の早期に起こった場合と定義される。アメリカ精神遅滞学会(Association on Mental Retardation;AAMR)による定義は「知的障害(精神遅滞)は、知的機能および適応行動(概念的、社会的および実用的な適応スキルによって表される)の双方の明らかな制約によって特徴づけられる能力の障害であり、18歳までに現れる」としている。文部科学省は「就学指導の手引き」の中で「発達期に起こり,知的機能の発達に明らかな遅れがあり,適応行動の困難性を伴う状態」と定義している。どちらも「知的能力が低い」「適応能力に問題がある」「発症が18歳以下」という点を言っている事が共通する。このことから、知的に障害があることだけでなく、コミュニケーションや日常の行動、社会的活動などに何らかの援助や介助が必要としていることを意味し、18歳までに現れるとしているのは、心身の機能が発達する期間中に障害が発現したこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。