教育方法学2単位

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数121
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教材研究と学習指導案の関係についてそれぞれの役割について、検討しなさい。
    授業は教材を媒介として、教師と学習者の相互関係により成立し、学習者は授業を通して、主体的に知識や技能を身に付け、教師はその授業を演出する役目を担っている。よって教師は、学習者の活動と人格形成を保障するため、十分な授業の計画と設計を試みることが必要である。授業を成立させる条件において、「目標と計画」、「教材と教具」、「授業実践」、「評価」があるが、その中でも「教材と教具」は、教師の選び方や解釈によって授業の質に大きな変化を及ぼす。そのため、より深い教材研究と充実した学習指導案の作成が求められるのである。次に、教材研究と学習指導案の必要性とその関係について見ていく。
     教材研究とは、教材に関する全ての研究活動のことであり資料を集め教材を発掘し、選択しながら本質を見極め、そして学習の環境や発達に即して授業を構想することである。その過程では、教科の目標の明確化・選択した教科の意義・学級や学習者の実態の把握・年間計画の中の本授業の位置・評価のあり方などの広い視野が求められる。つまり教材研究は、質の高い授業をめざした教科作り..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。