人権(同和)教育 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数921
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること。」
     同和問題とは、日本歴史発展の過程において形成された身分階層構造に基づく差別により、日本国民の一部の集団が経済的・社会的・文化的に低位の状態におかれ、現代社会においてもなおいちじるしく基本的人権を侵害され、特に近代社会の原理として何人にも保障されている市民的権利と自由を完全に保障されていないという、もっとも深刻にして重大な社会問題である。このような問題を早急に解決することは国の責務であると同時に国民的課題でもあるため、「部落解放運動」や「同和行政」などの教育以外の取り組みと同和教育がお互いに密接に関連しながら、解決を目指して取り組んでいかなければならない。
     同和教育は戦後、1951年のオールロマンス事件当時、同和地区の長期欠席児童・生徒が、京都市と比較して小学校・中学校において約10倍もの数値を示し、不就学の児童もはるかに多いという実態を解消するための就学奨励事業として始められた。部落解放委員会京都府連合会は、オールロマンス差別事件を糾弾する中で「差別は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。