S0106 教育社会学 科目最終試験 参考答案6題セット

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数347
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成22年4月現在で、出題される設問を全てカバーしております。
    現在、問題更新の時期かもしれませんが、新問題が全てが揃っていない現時点では、この過去問で対策するしかないと思います(出題箇所に大差はありませんので、内容を組み合わせたり、書き方を工夫することで対応可能です。ご安心ください)。

    暗記しやすいように、内容を厳選しました。

    限られた時間の中で、単位取得を目指す方に、特にお薦めします。
    私は、この内容だけで、84点を獲得しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、日本型の学歴社会の特質についてまとめ、学歴社会の今後の展望について述べよ。
    2、いじめ問題の国際比較を通して、その共通性と異質性について具体的に説明せよ。
    3、学力低下の実態についてまとめ、その問題を整理せよ。
    4、イギリス・アメリカ・中国からひとつを選び、日本の教育改革と比較し、それぞれの特徴を整理せよ。
    5、いじめの原因についてまとめ、それが学校だけの問題でないことについて説明せよ。
    6、国際化する社会に対応する教育とは何かについてまとめ、そのために学校はどのように変わらなければならないかを説明せよ
    日本型の学歴社会の特質についてまとめ、学歴社会の今後の展望について述べよ。
     
    明治時代、政府が必要としたのは、各分野における優れた人材であり、それを質的・量的に安定供給できる機構であった。
    明治初期の「富国強兵」に代表される欧米へ追い付くという国家目標達成のためには、幅広い分野で、相当数のリーダーが必要とされた。
    より効率的な人材養成・登用のシステムとして考えられたのが、学歴社会・主義であった。
    学校という場にできるだけ広い階層の子どもを集め、そこで一定のルールに基づき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。