S0532 生活指導・進路指導の研究(初等) 科目最終試験 参考答案6題セット

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数420
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成22年4月現在で、出題される設問を全てカバーしております。
    現在、問題更新の時期かもしれませんが、新問題が全てが揃っていない現時点では、この過去問で対策するしかないと思います(出題箇所に大差はありませんので、内容を組み合わせたり、書き方を工夫することで対応可能です。ご安心ください)。

    暗記しやすいように、内容を厳選しました。

    限られた時間の中で、単位取得を目指す方に、特にお薦めします。
    私は、この内容だけで、79点を獲得しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、教科外教育とは何かについてまとめ、その構造と課題についてのべよ。
    2、生徒指導の原理とは何かについてまとめ、その意義と内容についてのべよ。
    3、教育相談とは何かについてまとめ、その際のカウンセリングの理論と技法について述べよ。
    4、不登校の児童が自分のクラスにいた場合、どのような点に注意して指導するのか、その背景となる理論と具体的な指導方法を述べよ。
    5、いじめの構造とその特質についてまとめ、具体的な指導方法を述べよ。
    6、学級崩壊はどのような背景から生じるものかについて理論的にまとめ、その対応と予防策について述べよ。
    1、『教科外教育とは何かについてまとめ、その構造と課題についてのべよ。』
    「教科外教育とは」
     教科教育以外の教育活動を、一般に「教科外教育」と言います。「教科外教育」は学校の内外において教員が児童と関わるすべての教育を指しています。具体的には、生徒指導、進路指導、教育相談、特別活動、道徳教育などの時間が挙げられます。教科教育が児童の「知」の発達を担うことに対し、教科外教育は「情」「徳」「体」の育成を意図しています。
    「教科外教育の構造」
     教科外教育の構造は、非常..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。