S0527 学校教育課程論 科目最終試験  参考答案6題セット

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数416
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成22年4月現在で、出題される設問を全てカバーしております。
    現在、問題更新の時期かもしれませんが、新問題が全てが揃っていない現時点では、この過去問で対策するしかないと思います(出題箇所に大差はありませんので、内容を組み合わせたり、書き方を工夫することで対応可能です。ご安心ください)。

    暗記しやすいように、内容を厳選しました。

    限られた時間の中で、単位取得を目指す方に、特にお薦めします。
    私は、この内容だけで、86点を獲得しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、新学習指導要領が改訂される背景として、「学力の低下」をめぐる論争が考えられる。「学力とは何か」について論じなさい。
    2、現行の新学習指導要領で定められた「総合的な学習の時間」のねらいはどんなところにあるのか。論述しなさい。
    3、学習指導要領の変遷を見るに、1958年の改訂によって学習要領の性格は大きく変容した。この変容について述べなさい。
    4、学習指導要領の法的拘束力の有無について論じなさい。
    5、学習指導要領を定める理由はどんなところにあるのか。そして今回の改訂された新学習指導要領の特徴について各々論じなさい。
    6、新学習指導要領で「基礎基本の確実な定着(つまり基礎学力)」をはかる指導方法にはどんな工夫がいるだろうか。具体的に論じなさい。
    1、新学習指導要領が改訂される背景として、「学力の低下」をめぐる論争が考えられる。「学力とは何か」について論じなさい。
    学力とは、一般的には、どれだけ知識を習得しているかを示すバロメーターである。
    平成10年の学習指導要領改訂において、学力観を単なる知識の多寡でとらえるのではなく、自分自身で学び考えることができる力と転換させている。
    しかし、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。