S0534 教育相談の研究レポート A評価

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数230
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    縦書き様式の加工台として、有益です。

    高評価を頂いたレポートです。

    教科書からの引用箇所が多いことから、参考・活用していただきやすいレポートだと思います。

    レポート内には、私見も記述してありますので、参考にしていただけると思います。

    なお、当レポートサイズはB5版です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
    1、はじめに
     「カウンセリング」とは、英語のCounsel(相談・助言する)の名詞形であり、広義では、相談・助言することの一般を指す。ただし、現在、カウンセリングといえば、主に、心理学を土台とした対人手段であり、心理的な問題や悩みについて援助を目的とするものを指すことが多いとされる。
    一方、学校におけるカウンセリングとは、上記にくわえてさらに、問題を未然に防止したり、生き方の向上を図るため、日々の教育活動にカウンセリングの理論や技法を活用させるものであるとされる。すなわち、治療的としてのカウンセリングに加えて、開発的・予防的なカウンセリングも含まれると考える。
    2、カウンセリングの種類
    ①まず、治療的カウンセリングがある。これは、専門
    的カウンセリングともいわれ、対象者に対して、専門的な知識と技術を用いて、その症状や病気(主に心理的な問題)を治療するものとされる。ここでは、カウンセラーなど専門家による援助が中心となる。
    学校内で起こる問題の原因は、主に心的構造のイド・自我・超自我の不都合にあると考えられている。成人と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。