Z1001 日本国憲法 科目最終試験 参考答案「法の下の男女平等について論じなさい」「基本的人権の保障の限界について論じなさい」

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,315
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    当科目において、最近よく出題されている2問をまとめました。
    最低限暗記すればよい内容をまとめておりますので、試験対策に最適と考えます。
    いかがでしょうか?

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「法の下の男女平等について論じなさい」
    日本国憲法は、14条において、一般原則として、徹底した法の下の平等を保障し、さらに24条等において、いくつかの平等規定を置いている。
    平等権の保障は、法的取扱いにおいて、差別しないという形式面でのものであり、実質上の不平等の是正という社会国家の理念を含むものではない点は、要注意である。
    「すべて国民は、法の下に平等であ」る(憲法14条1項前段)。「法の下に」とは、法の適用場面のみでなく、法の内容の場面を当然含むとして、立法者も拘束されると考えられている。
    また、「平等」とは、同一の事情と条件の下では、均等に取扱うことをいい、相対的平等のことをいうとされる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。