S0606 美術概論1 科目最終試験 参考答案(「鑑賞」学習をめぐる問題点を踏まえた上で、「鑑賞」はどのように指導されるべきかについて述べなさい。その際、今後の展開・広がりについても具体的にふれること。)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数363
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    当サイトに出品されている「当科目最終試験対策参考答案セット」には、おそらく、当設題の参考答案分は含まれていないと思います。
    暗記しやすいよう、見やすく、まとめました。
    教科書をまとめて参考答案を作成する時間をカットするためにも、いかがでしょうか?!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「鑑賞」学習をめぐる問題点を踏まえた上で、「鑑賞」はどのように指導されるべきかについて述べなさい。その際、今後の展開・広がりについても具体的に触れること。
    学習指導要領には、図画工作科の指導内容として、「表現」と「鑑賞」という二つが示されている。
    しかし、学習指導の現状としては、「表現」が大半を占めてしまっており、「鑑賞」は「表現」の従属的な扱いとなってしまっている。
    「鑑賞は、子どもの創造性を抑圧する」という批判をよく耳にするが、これは、誤った鑑賞教育観に基づいていることを理解しなければならない。
    なぜなら、「鑑賞」とは、けっして子どもたちに「絵を教え込む」「技法等を押し付ける」ものや、「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。