S0106  教育社会学レポート  設題1 A評価

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数296
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教科書からの引用箇所が多いことから、参考・活用していただきやすいレポートだと思います。

    レポート内には、私見も記述してありますので、参考にしていただけると思います。

    なお、当レポートサイズはB5版です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    教育社会学とは、社会の変化が教育にどのように影響を及ぼすのか、あるいは、教育の変化が社会にどのような影響を与えるのかといった視点からアプローチする学問領域ということなので、初学者の私にも、研究課題がイメージしやすい科目のように思える。現時点においては、私は、「学歴社会」とは、「学歴」を、「統一的基準(ものさし)で推し量り、不変的で世俗的に通用するもの」と捉えている社会と想像する。では、設題について、以下のとおり、考察することとする。
    学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられる。ここで、注意すべき点とは、学歴社会が、ただ単に教育を重視する社会ではない、という点である。
    以下は、学歴が具体的にどのように評価されるのかをパターン化したものである。
    漠然とした社会的評価――これは、きわめて漠然とした社会的評価であり、世間に蔓延している「○○○ランキング」なるものによって熟成される漠然とした評価を指..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。