英文学史2 -ヴィクトリア小説- 【A判定】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数307
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ヴィクトリア時代の小説について、
    当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。』
     新時代の幕開けを示すかのようにヴィクトリア女王(1819~1901)が1937年に即位し、産業革命による経済の発展が成熟に達することで、イギリスは安定した秩序を保ちながらかつてない発展を遂げた。ヴィクトリア朝以前の1932年に行われた選挙法改正案は、当時の選挙区の不公平を是正し、中流階級に新しく選挙権を認めることにしたもので、産業資本家の勢力が拡張された。しかし、大部分の労働者は政治参加から閉め出された状況であったため、労働階級の政治的発言を強化しようとするチャーティズム運動が起こった。ヴィクトリア朝では、自由党(旧ホイッグ党)と保守党(旧トーリー党)の2大政党により支配され、比較的長い政権を握った自由党の影響で民主主義が進歩し、多くの改革が行われた。1851年にはロンドンのハイドパークで万国博覧会が開催され、国際的な注目を集めることで、イギリスの経済的繁栄を示した。一方、宗教面においては、聖職の権威や儀式を尊重し、カトリック教を支持するオクスフォード運動が起こったのに対し、キリスト教社会主義の形をとった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。