英米文学概論1 ~イギリス小説~

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数311
ダウンロード数1
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『18世紀においてイギリスが他国に先駆けて小説を
     生み出したのは何故かをイギリスの歴史とそれが
    生み出す社会を考察しつつ述べよ。』
     イギリスにおける小説の発生は、近代市民社会の中で同国がどのような社会的発展を遂げてきたかを、様々な観点から考察することで、その姿が明らかになってくる。以降、イギリスの地理、歴史、政治に焦点を置きながら、世界でいち早く近代的発展を成し遂げたという事実が小説の隆盛に及ぼした影響を述べていく。
     イギリスは、偏西風とメキシコ湾流の影響を受け、高緯度の割には気候が暖かく、特に東南部平地はこの西岸海洋性気候の特徴が顕著であった。このため、当然人々はこの地域を気に入り、人や物の出入りが激しくなったため、農産業や交易が盛んに行われた。地理的には日本と同様に海に囲まれた島国ではあるが、各大陸の思想や技術などを積極的に取り入れた。一方、当時のイギリスは大量の森林に覆われていたが、農地の開墾や造船業の影響で森林伐採が進み、牧羊が行われるようになった。これにより毛織物工業が発生し、手工業が発展した。林業では引けを取るものの、地下資源には恵まれており、中でも有名な石炭や鉄鋼の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。