651 算数科教育 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,661
ダウンロード数166
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    651 算数科教育 1単位目 合格レポート 明星大学 通信 レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 合格レポート 課題
    651 算数科教育 1単位目
    ○課題
    1. n(A∪B∪C)=n(A)+n(B)+n(C)-n(A∩B)-n(B∩C)-n(C∩A)+n(A∩B∩C)になることを証明せよ。
    2.一斉指導の中で個別化を考える場合、どんなことに留意したらよいか。
    3.5進法で321である数を、(321)5で表すとき、この数を2進数で表せ。
    ○講評
    1. n(A∪(B∪C))= n(A)+n(B∪C)-n(A∩(B∪C))=n(A)+n(B)-n(C)-n(B∩C)-n((A∩B)∪(A∩C))
    =n(A)+n(B)+n(C)-n(A∩B)-n(B∩C)-n(C∩A)+n(A∩B∩C)
    ___________________________________________
    1単位目-1
    上図のようにベン図を書くことにより証明する。各集合A、B、Cの関係を考える。a、b、c、d、e、f、gを、n(A)=a+d+e+g、n(B)=b+e+f+g、n(C)=c+d+f+gとなる部分集合として考え、具体的な要素概念は用いないとする。
    ここで、
    <左辺>
    左辺=n(A∪B∪C)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。