459 初等教育原理Ⅰ・Ⅱレポート 4単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,436
ダウンロード数52
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 合格 レポート 459 初等教育原理Ⅰ・Ⅱ 4単位目

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 合格レポート 課題
    459 初等教育原理 Ⅰ・Ⅱ 4単位目
    ○課題
    1.学校経営についての近年の動向のうち、自分の関心のある動向の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2.家庭教育の現状、問題点について考察せよ。
    ○講評
    1、2ともに適切に論述していました。
    4単位目-1
     開かれた経営における学校経営の変革について取り上げ述べる。そもそも「開かれた学校」というキーワードが登場したのは、1987年の臨時教育審議会の第3次答申からである。それまで提唱されていた「学校開放」という概念は、施設・設備の開放という側面のみが前面に出て、「機能の開放」はあまり進行しないという状況であった。だが、臨教審答申の「開かれた学校」論の登場によって、学校と地域社会が相互に協力して教育する体制をつくり出すことにつながり、学校が地域との結びつきを強めていくきっかけとなった。
    学校運営の改革として期待されるのが「学校協議会」である。これは、学校や地域の教育課題や学校の運営、教育活動等について、教職員とともに保護者、地域住民、子どもたちが参加して話し合う組織であり、学校評議会や、三者(四者)協議会などと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。