454 教育課程論 合格レポート 3単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,191
ダウンロード数117
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 454 教育課程論 合格レポート 3単位目

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2009年 明星大学 通信教育 合格レポート課題
    454 教育課程論
    ○課題
    3単位目
    新「学習指導要領(2008[平成20]年3月告示)」の改訂の経緯やその特徴についてまとめ、さらに「第1章 総則」で述べられている「第1 教育課程編成の一般方針」についてもまとめなさい。
    ○講評
    学習指導要領改訂の経緯とカリキュラムの編成方針が理解されています。
    3単位目
    学習指導要領改訂の経緯として、指導要領が告示された昭和33年からみていくと、この時から学生指導要領が教育課程の基準として法的規範力が付与され、国民の基礎教育という観点を重視している。具体的には、道徳の時間の設置、基礎学力の充実、教育内容の一貫性を図り、各教科の目標及び指導内容を精選し、国民の教育水準を高める姿勢がみられる。その10年後の改訂には、産学協同と能力主義の原理を背景とし、授業時間と学習内容が増え、指導内容を基本的事項に精選している。その後の1977年の改訂では、日本が自ら未来を切り開いていけるよう、自ら考え正しく判断できる児童生徒の育成のもとに、知・徳・体の調和の取れた人間性豊かな児童生徒、想像的な能力の育成、ゆとりある充..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。