621 図画工作科教育2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,144
ダウンロード数38
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    621 図画工作科教育 2単位目 明星大学 通信教育 合格 レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 合格 レポート課題
    621 図画工作科教育Ⅰ
    ○課題
    2単位目-1
    テキスト内の「チゼック教授の美術指導と質疑応答」(第11章)を読み、得られた知見と感想を述べよ。
    2単位目―2
    評価の問題点について考察せよ。
    ○講評
    評価は教師がするある種の鑑賞といえます。各々の作品を正対してください。
    2単位目-1
    「質疑応答」を含む「児童美術」は画家フランツ・チゼックの美術指導に関する講演での質疑応答を基に、彼の友人であったウイルヘルム・ヴィオラによって書かれ、1942年に刊行された。
     これによると、チゼックの美術教室での教師の役割として、子供の個性・自発性を発揮させ、創造活動を行える雰囲気を作りだすための支援者としての意味が強調され、子ども一人ひとりに対応した言葉がけ、教室環境、関係づくり等が具体的にあげられている。個性・自発性に対しては、基本的には題材の提案を必要としないことや、美術史作品の鑑賞、遠近法教授、自然の写し、モデルを与えることなどには、消極的であり、映画・芝居・雑誌からの影響も避けたいという部分から、個人の創造性を重視していることが読み取れる。一方で、子ども..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。