458 児童心理学1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数821
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 合格レポート 09年版 児童心理学1単位目

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2009年度 明星大学 レポート課題
    458児童心理学
    「第2版 子どもの発達と環境」塚田紘一著(明星大学出版部) 配本年度2009年~
    ○課題
    1単位目―1
    横断的方法・縦断的方法、発達研究法としての事例研究法について説明しなさい。
    1単位目―2
    愛着(アタッチメント)の形成とその発達的意義について述べなさい。
    ○講評
    1単位目―1
    各研究法の特徴について分かりやすく丁寧に良く書けています
    1単位目―2
    愛着について的確に要点がまとめられており、分かりやすくて良かったです。
    1単位目-1;
    児童心理学は発達心理学の一分野として、幼児・児童期の心身の発達的変化の過程を明らかにしようとする学問であり、子供の発達的変化の特徴を「記述」し、「説明」してその変化のメカニズムを明らかにする事である。主要な発達研究方法として、横断的方法・縦断的方法、事例研究法などがある。横断的・縦断的方法は、子供の加齢に伴う発達的変化を追跡し、その一般的傾向を明らかにしたり、発達にかかわる変数や因果関係などを明らかにしようとする時に用いられる。
    横断的方法は、異なる年齢層の子供たちのグループに、ほぼ同時期に同じ測..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。