特別活動指導法2 課題 合格レポート 近大姫路大学 通信教育過程

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数466
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学 通信教育 のレポートです。
    問題一覧は下記の通り。
    設題1.特別活動の特質を十分に考えて、教育課程(学習指導要領)と特別活動とのかかわりを考察しなさい。
    設題2.特別活動が学校で果たす役割を把握して特別活動の現代的課題について述べなさい。

    私は、これで合格しています★

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動指導法2 課題 合格レポート 近大姫路大学 通信教育過程
    設題1.特別活動の特質を十分に考えて、教育課程(学習指導要領)と特別活動とのかかわりを考察しなさい。
    設題2.特別活動が学校で果たす役割を把握して特別活動の現代的課題について述べなさい。
    設題1.特別活動の特質を十分に考えて、教育課程(学習指導要領)と特別活動とのかかわりを考察しなさい。
    最初に、特別活動の目標を確認する。学習指導要領では「望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り集団の一員としてよりよい生活や人間関係を築こうとする自主的、実践的な態度を育てるとともに、自己の生き方についての考えを深め、自己を生かす能力を養う」とある。これは、人格の形成を目指すということを教育の目標にした教育基本法に由来するものである。ここから導き出される特質とは、子ども達自身の主体的な計画、組織、運営、自己評価のもとに展開される学習活動である、自己表現や自治的活動などに重点が置かれ、「教師の適切な指導の下に」という部分を特に重視している。この活動は大きく4つに分かれている。学級活動・児童会活動・クラブ活動・学校行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。