道徳設題1 課題 合格レポート 近大姫路大学 通信教育過程

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数498
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学 通信教育 のレポートです。
    問題一覧は下記の通り。
    設題1.我が国の歴史的変遷を要約的にまとめ自らの考えを述べよ。

    私は、これで合格しています★

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳設題1 課題 合格レポート 近大姫路大学 通信教育過程
    設題1.我が国の歴史的変遷を要約的にまとめ自らの考えを述べよ。
    設題1.我が国の歴史的変遷を要約的にまとめ自らの考えを述べよ。
     現在の道徳教育では人間としての在り方生き方に関する教育を学校の教育活動全体を通じて行うことが道徳教育となる点が大きな特徴である。道徳の時間においては、道徳教育の目標に基づき、各教科、外国語活動、総合的な学習の時間及び特別活動における道徳教育と密接な関連を図りながら、計画的、発展的な指導によってこれを補充、進化統合するものとしている。 
    江戸時代は寺子屋などにおいて読み書きが教えられていたが身分制度が存在していた。1872年学制の発布され、福沢諭吉の啓蒙主義理念が根底にあった。学制には「修身」という教科が存在していた。文部省が発表したものは海外からそのまま訳されているものがあったため。開明派の知識人は強く反発した。明治23年に教育勅語が出され、第二次世界大戦の終結に至るまで、日本人の価値観形成に強大な力を持つことになった。教育勅語は修身科の教授においてだけでなく、小学校の祝日・大祭日儀式などあらゆる機..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。