道徳教育の理論と方法2  課題 合格レポート 近大姫路大学 通信教育過程

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数431
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学 通信教育 のレポートです。
    問題一覧は下記の通り。
    問題2:しつけと道徳の違いを述べよ。

    私は、これで合格しています★

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の理論と方法2  課題 合格レポート 近大姫路大学 通信教育過程
    問題2:しつけと道徳の違いを述べよ。
    問題2:しつけと道徳の違いを述べよ。
    そもそも、しつけとはどのような意味あいを持つのであろうか。辞書によると『日常生活での行儀作法や生活慣習の型を身につけさせることをいい、主に家庭内での初期教育をさす。』とある。しかし、一般的には一人の人間としてこのようにあるべきであるという概念理解で用いられている。一方、道徳という教育活動が学校でも行われている。この道徳性は、自尊感情や規範意識そのものを指し、基本的な生活習慣の確立のことを指している。そして、この道徳性は生まれたときから身についているわけではなく、人間社会におけるさまざまな体験を通して学び、形成していくものである。発達に従って、人は他律から自律へ、主観から客観へ、一面的な見方から多面的な見方へ、結果のみを重視する考え方から動機を含めた全体的な価値の重視へと認知の仕方を変えていく。ここで、両者において共通理解すべきことは『子どもにとって有益な効果のあるものであり、人格の完成にとって必要なもの』という点について共通したものである..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。