教育相談理論と方法1 課題 合格レポート 近大姫路大学 通信教育過程

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数529
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学 通信教育 のレポートです。
    問題一覧は下記の通り。
    設題1 教師が行う教育相談と、心理カウンセラーが行うカウンセリングとの、共通点と相違点をまとめ、学校における教育相談の特徴を述べなさい。

    設題2.教育相談における家庭との連携について述べなさい。

    私は、これで合格しています★

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育相談理論と方法1 課題 合格レポート 近大姫路大学 通信教育過程
    設題1 教師が行う教育相談と、心理カウンセラーが行うカウンセリングとの、共通点と相違点をまとめ、学校における教育相談の特徴を述べなさい。
    設題2.教育相談における家庭との連携について述べなさい。
    設題1 教師が行う教育相談と、心理カウンセラーが行うカウンセリングとの、共通点と相違点をまとめ、学校における教育相談の特徴を述べなさい。
    教育相談とは、一人一人の子どもの教育上の諸問題について本人またはその親や教師などに助言、指導、そして場合によってはカウンセリングを行うことである。このような働きかけを通して、子どもの持つ悩みや問題解決を支援していくことである。教育相談の究極的な目的は、いうまでもなく次の2つに分けられる。一つは子どもの抱える問題や障害の解決、改善に向けて助言や指導などの援助を行うことである。もう一つは、予防的・開発的機能をもつ相談で、あらかじめ問題行動に陥らないようにし、望ましい生活態度や学習活動に関する助言を行うことである。
    教師が行う教育相談として予防的開発的教育相談を行うことが出来、児童生徒に対して能..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。