教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数58
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
     
    第一章 学校カウンセリングの意義
    現在、学校が抱える問題として、不登校、いじめ、非行などが増え続け、広く社会現象としてとらえられるようになり、ストレス社会は大人のみならず、子供たちをも苦しめている。いじめ、暴力、学力低下、登校拒否など、多くの問題を抱えている。これらの問題に対して、学校カウンセリングの必要性が強調されるようになった。子供たちの心の叫びは、早めに対応する必要がある。子供たちは周囲の大人に対して、なんらかの合図を送っている。その合図に気づいてあげられなければどんどん深みにはまり、抜け出せなくなってくる。従来は先述の問題も教師が相談を受け対応してきたが、子供達の心の問題は多様性を帯び複雑化してきている。個々の子供達を理解し、その個性を尊重しながら教育を行っていく上で、より深い子供達の心の理解が必要になり、さらにより専門的な関わりが求められている。現在では臨床心理士の派遣も試みられ子供達の問題の複雑化に伴い学校カウンセリングも発展してきている。


    第二章 学校カウンセリングの方法
    今日一般に使われるカ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。