肢体不自由児の心理生理病理 第2説題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数387
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「てんかんの定義・症状・診断・原因・治療および教育的対応について述べよ」
    1、定義
    世界保健機構の定義(WHO)では、「種々の成因によってもたらされる慢性的疾患で、大脳ニューロンの過度の発射から由来する反復性の発作を主徴とし、それに変異に富んだ臨床および検査所見表出がともなう。」である。
    2、症状
    シナプスの伝達効率の異常が生じていたり、シナプス間隙で神経伝達物質のうちの興奮性のものの放出亢進や、抑制的に動くものの放出減少、神経の膜の異常などが生じているのではないかとされている。この結果、中枢神経系の脳において異常放電が生じ、それが末消神経を通じて様々な運動や間隔をもたらしたり、中枢神経系に広..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。