社会調査の基礎[社会調査における倫理と個人情報保護]

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,775
ダウンロード数60
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     課題:社会調査における倫理と個人情報保護について述べよ
    社会福祉士が社会調査・研究を行う意義とは何か。まず、まだ歴史の浅いこの学問に新たな研究を蓄積し、学としてのソーシャルワークに貢献することがある。そして、こうした調査・研究の結果を共有することは、社会福祉士の実践家としての学びを促進するであろう。社会福祉士としての力量を高めることは、利用者の利益に直結することでもあり、意義深いといえる。
     しかし一方で、社会福祉士はプライバシーの尊重や秘密保持など、利用者への倫理的責任も負う立場にある。社会福祉士及び介護福祉士法第46条では秘密保持義務が謳われている。
     研究倫理とは、研究の質を確保し、同..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。