更生保護における近年の動向と課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,504
ダウンロード数62
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    更生保護制度とは、犯罪や非行をした人たちに通常の社会生活を営ませながら、必要な指導や援助をし、これらの人たちが健全な社会の一員として自立することを支援する制度である。更生保護には、次の機関や人々が従事している。
    保護観察所は、保護観察を実施する法務省の機関である。保護観察所には、有給の国家公務員であり、心理学・教育学・社会学・法律学などの専門知識に基づき、保護司と協力しながら、犯罪や非行をした人たちの保護観察等の業務を行う保護観察官が配置されている。
    保護司は、法務大臣から委嘱された民間のボランティアで、地域の人情や習慣をよく理解しているという特性を生かし、保護観察官と一緒に保護観察による指導や援助を行うほか、犯罪や非行防止のための犯罪予防活動に従事している。保護司の身分は、非常勤の国家公務員であるが、給与は支給されない。
    更生保護施設は、更生保護事業法に基づき、法務大臣の認可を受けた更生保護法人により設立された民間施設で、刑事施設などから釈放された人や保護観察を受けている人などのうち、適当な住居がない人を宿泊させて、生活指導や就職援助を行い、その人たちが一日も早く自立するよう援助して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。