福祉計画の策定方法と留意点及び評価方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,004
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「計画」の概念とは、一般に「将来の望ましい状態を構想し、現状を体系的に変革していく科学的かつ合理的な目標達成の方法」1であるが、そこには、単なる将来像というような抽象的な意味から、現実に計画的変革が可能である具体的意味まで、様々な意味が含まれているといえる。「計画」にはその計画に至るまでの一連の過程や「計画化」の意味も含まれていると考えられる。
     福祉計画も「計画」の1つであり、その基本的過程は他の計画と同じである。そのため、福祉計画においても計画の過程は、策定(Plan)→実施(Do)→評価(See)と進んで再度策定されていく、という一連の循環過程(サイクル)として考えることができる。このような、計画を一定期間で見直していく方法は一般に「ローリング方式」と呼ばれている。
     福祉計画の循環過程(サイクル)における策定(Plan)の過程では、構想計画、課題計画、実施計画の3つの計画が段階的に策定される。近年では計画の「評価」が重要視されるようになったため、これら3つの計画に加えて評価計画も含めて策定されることもある。福祉計画の策定(Plan)は必ずしも直線的に進むものではなく、様々なフ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。