社会保障①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数502
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「国民負担率」とは、簡単に言えば「租税及び社会保障負担の合計の国民所得に対する比」」と定義できる1。
    この割合が増加すれば、国民の負担も増加するといえるが、租税には法人税が含まれ、社会保険料には企業負担分も含まれているため、「国民負担率」とはいっても、国民の家計に占める割合を表わしているわけではない。また、「国民負担率」はあくまでも負担に対する指標であり、この中から給付が行われるということを考慮すると、実際の負担率は数値より少なくなるといえる。
     「国民負担率」の分子に財政赤字を含めた「潜在的国民負担率」というものもあり、長期的な視点から、「潜在的国民負担率」をより重視すべきだという見方もある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。