自己覚知

540 販売中
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,008
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「自己覚知」とは、端的に言うと、「自分を知ること」である。具体的にいうと、「自己覚知」とは、自分が今、どのような行動をとり、どのように考え、感じているかを客観的に意識し、理解できることである。
    自力で解決できない問題を抱えた人びとと関わる際、相手のありのままの存在を受け容れ、共感する姿勢が相談援助者(ソーシャルワーカー)には必要であるが、その為には、まず相談相手となるソーシャルワーカー自身の「自己覚知」がいかに必要であるかを熟知しておく必要がある。
    特に相談援助を行うソーシャルワーカーにとっては、「自己覚知」はとても重要であると言われている。なぜなら、「自己覚知」を怠ったまま援助を行うことに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。
    広告