観光事業論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数263
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1. 観光事業における組織とは、観光政策に基づく観光事業の目的・目標およびその使命を達成させるために、観光事業主体の意思決定によって事業内部の責任や権限および業務配分などを具体的に秩序づけ、実行する自律的協働体系である。
    2. 組織は、小規模かつ未熟な事業体は別として、公式的にはそれが社会的・経済的・政治的・行政的組織であれ、一般につぎのように分類することができる。
    (A)機能的分類
    ①職能的分類:ライン型、ライン&スタッフ型、ファンクショナル型などに分け、製造、経理、総務、営業などの職種ごとに分業化して専門化する縦割り集中管理組織
    ②事業部制組織:プロジェクトごとに独立採算制のチームを編成し、また新しいプロジェクトが発生するとチームを再編成するという人材を離合集散する横割り分権管理組織
    ③マトリクス型組織:職能別、事業別、新製品別、顧客別、市場別、地域別などの異なる組織を横断的に組み合わせ、縦割り権限ライン、横割り伝達・権限ライン、プロジェクト・ラインなどに立体化させる二次元・三次元組織
    ④アメーバ型組織:中心(リーダー)と構成員が臨機応変・自由自在に変形・分化・増殖する非階層型組織..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。