観光事業論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数224
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1. 産業とは、人間が生活するうえで必要なモノを生産・流通・販売し、またサービスや使用価値を提供し、さらに付加価値を創造し提供することによって、人間の生活水準を高め、より豊かな生活を実現するための国家的・社会的・経済的活動などから成る統合活動であり、加えて、人類の存続と繁栄、人類の相互理解、人類の平和と安定、および人類の営みと地球の生態系との共生及び調和を保つための全人類的諸活動である。
     産業は、従来、経済や社会の発展段階に従って、以下のように分類することができる。
    ①第1次産業、第2次産業、第3次産業、第4次産業
    ②物財生産部門、ネットワーク部門、知識・サービス生産部門
    ③知識産業、情報産業、技術産業、システム産業、サービス産業
    2. 観光とは、人間個人が意識的の感覚や感情および身体を使って実際にまず「光」を観る・観たいとする(需要)側と、その「光」を観せる・発信する(供給)側とがあって、一般的には、この両者が何らかの形で、通常、供給側の支援・媒介・代行・交換という活動を通じて相互に結合される集団的・社会的行為およびその相互結合現象をいう。観光の「光」とは、端的にいえば、例えば本来..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。