簿記論1

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数295
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.  貸借対照表勘定の勘定科目
    ① 資産・・資産は流動資産、固定資産、繰延資産の3種類に大別される。
    ①-a 流動資産・・比較的短期間に換金される資産。当座資産と棚卸資産に分けられる。
    ①-a-ア 当座資産・・短期間に回収される(資金化できる)資産のこと。例)当座預金勘定
    ①-a-イ 棚卸資産・・販売する目的で一時的に保有している商品、製品、原材料、仕掛品等の総称。例)商品勘定
    ①-b 固定資産・・販売目的ではなく、長期間にわたって利用または所有する資産のこと。有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産に分けられる。
    ①-b-ア 有形固定資産・・主に目に見えるもの。例)建物勘定
    ①-b-イ 無形固定資産・・具体的な形がないもの。例)特許権勘定
    ①-b-ウ 投資その他の資産・・預金や有価証券及び貸付金などのうち、長期に保有するもの。例)子会社有価証券勘定
    ①-c 繰延資産・・当初の支出を、効果の及ぶ期間に償却手続により配分するためのものをいう。換金価値はない。例)創立費勘定
    ② 負債・・負債は流動負債と固定負債に分けられる。
    ②-a 流動負債・・短期間に支払期限が到来する負債のことを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。