課題3 オーランドとトラベルビーの看護理論の比較

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数31,042
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アイダJ.オーランドが提唱する「看護過程記録(プロセスレコード)による訓練の有効性」の理論と、ジョイス・トラベルビーが提唱する「病気や苦難の体験のなかに意味を見出す『人間対人間の看護』」の理論とを比較し、以下にまとめる。



     オーランドは看護を人間関係の観点から見つめ「看護師と患者との〈相互作用〉」の過程に注目して理論を展開している。この理論は〈人と人との相互作用〉の過程は、表情やしぐさなどといった非言語的行動として表出された感情が相手の知覚にとらえられ、それが思考と感情を促し、この反応がその人の行為に表出されるという仮説に基づき、互いに相手の知覚-思考-感情の流れをつかみながら相互作用を展開し、対人関係が健全に保たれるという精神保健の原理を前提条件としている。看護師が自分の反応を意識的に表出し、自分がどのように知覚・思考しているかを患者に伝えることができれば、患者からも看護師の言動に対する反応が表出され、互いの受け止め方にずれがないかどうかを確認できるとしており、看護師がこのような確かめの過程を身につけることにより患者がニードを表出できるようにする必要性を示唆している。・・・・・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題3:オーランドとトラベルビーの看護理論の比較
    アイダJ.オーランドが提唱する「看護過程記録(プロセスレコード)による訓練の有効性」の理論と、ジョイス・トラベルビーが提唱する「病気や苦難の体験のなかに意味を見出す『人間対人間の看護』」の理論とを比較し、以下にまとめる。
     オーランドは看護を人間関係の観点から見つめ「看護師と患者との〈相互作用〉」の過程に注目して理論を展開している。この理論は〈人と人との相互作用〉の過程は、表情やしぐさなどといった非言語的行動として表出された感情が相手の知覚にとらえられ、それが思考と感情を促し、この反応がその人の行為に表出されるという仮説に基づき、互いに相手の知..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。